OKICA取扱規則


第1章  総    則

第1条(目的)
この規則は、沖縄ICカード株式会社(以下「当社」という。)が発行する、金銭的価値等を記録することができるICカード(以下「OKICA」という。)の使用者に提供するサービス内容とその使用条件を定め、もって使用者の利便性向上と業務の遂行を図ることを目的とする。

第2条(用語の意義)
この規則における主な用語の意義は、次の各号に掲げるとおりとする。
  1. 「OKICA交通事業者」とは、別表第1号に掲げる事業者をいう。
  2. 「SF(ストアードフェア)」または「バリュー」とは、OKICAに記録された金銭的価値で、専らOKICA交通事業者が定める旅客運賃等の支払いに充当するものをいう。
  3. 「OKICAポイント」とは、別に定めるOKICAポイントサービス規則に基づき使用者に付与され、記録されるカードポイントをいう。
  4. 「チャージ」とは、OKICAに入金してSFを積み増しすること、または保有するOKICAポイントをSFに交換することをいう。
  5. 「デポジット」とは、返却することを条件に当社が収受するOKICAの使用権の対価をいう。

第3条(適用範囲)
  1. OKICAにかかわる取扱いについては、この規則の定めるところによる。
  2. OKICA交通事業者における、OKICAを媒体とする乗車券等としての使用についてはこの規則および各OKICA交通事業者が定める規則等(以下、「交通事業者規則等」という。)による。
  3. OKICA交通事業者におけるOKICAポイントサービスにかかわる取扱いについては、OKICAポイントサービス規則の定めるところによる。
  4. この規則が改定された場合、以後のOKICAに関する取扱いについては、改定された規則の定めるところによる。
  5. この規則およびこの規則に基づいて定められた諸規定は予告なく変更されることがあり、使用者はこれを了承するものとする。
  6. この規則に定めのない事項については、法令等の定めるところによる。

第4条(OKICAの種類)
発行するOKICAの種類は、以下の各号に定めるところによる。
  1. 「無記名OKICA」…使用者登録を行っていない者の使用に供するOKICA
  2. 「記名OKICA」…券面に使用者の記名を行い、カードおよび当社システムに使用者としての情報を登録した者の使用に供するOKICA
  3. 「IC定期乗車券」…交通事業者規則等により券面に定期乗車券の情報(定期乗車券の有効期間に関わらず)が印字された記名OKICA
  4. 「大人用OKICA」…記名人が大人である記名OKICA
  5. 「学生用OKICA」…記名人が学生である記名OKICA
  6. 「小児用OKICA」…記名人が小児であって券面に小児の表示を行った記名OKICA(小児用障がい者OKICAを含む)
  7. 「障がい者用OKICA」…交通事業者規則等により割引料金が適用される者本人(以下「福祉割引対象者本人」という。)またはその介護人若しくはその付添人の記名OKICA(以下「介護人等」という。)
  8. 「免許返納OKICA」…記名人が免許返納者であって、OKICA交通事業者が定める割引運賃が適応される記名OKICA
  9. 「フィギュア付OKICA」…フィギュアその他商品と一体化し、デポジットを収受しない販売用のOKICA
  10. その他各OKICA交通事業者が交通事業者規則等に定める券種は、当社が認めた場合に限り各OKICA交通事業者の種類指定を可能とする。

第5条(契約の成立)
  1. この規則は、当社またはOKICA交通事業者が使用者にOKICAを交付したときに両者の間において効力を生じるものとする。
  2. OKICA使用者は、この規則およびこの規則に基づいて定められた諸規定を承認し、これに同意したものとする。

第6条(使用方法および制限事項)
  1. 使用者は、OKICAをOKICA交通事業者における乗車券等として使用することができる。
  2. 使用者は、OKICAを当社が認めたOKICA交通事業者においてOKICAを処理する機器(以下「所定の機器」という。)により使用しなければならない。
  3. 記名OKICAは、当該記名OKICAに記録された記名人本人以外が使用することはできない。
  4. 学生用、小児用及び障がい者用OKICAは、有効期限終了後は使用することができない。
  5. 使用者は、OKICAが次の各号のいずれかに該当するときは、OKICAを所定の機器で使用できない場合があることを了承する。
    1. OKICAの破損または所定の機器の故障もしくは天災等により、OKICAの内容の読取りが不能となったとき
    2. OKICAの使用、チャージのいずれかの取扱いを行った日の翌日を起算日として、一定期間これらの取扱いが行われなかったとき
  6. 使用者は、偽造、変造その他不正に作成されたOKICAもしくはSFを使用することができない。
  7. 使用者は、1回の乗車につき、2枚以上のOKICAを同時に使用することはできない。
  8. 使用者は、入場または乗車時に使用したOKICAを出場または降車時に使用しなかった場合は、当該OKICAで再入場または再乗車することはできない。
  9. 使用者は、乗車以外の目的でOKICAを利用し駅への入場及びバスへ乗車することはできない。
  10. 使用者は、OKICAをOKICA交通事業者が独自に提供する乗車券と併用して使用することはできない。

第7条(個人情報の取扱い)
  1. 使用者が記名OKICAの購入、または無記名OKICAから記名OKICAへの変更を申し込むときに提出した個人情報は、当社およびOKICA交通事業者が管理する。 なお、個人情報とは、個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、その他の記述等により特定の個人を識別できるものをいう。
  2. 当社は、取得した個人情報を次の目的で利用する。ただし国の機関又は地方公共団体から法令に基づき個人情報の開示を求められた場合、使用者は、当社が下記目的以外で利用することを了承する。
    1. 記名OKICAの購入・変更・解約・再発行等の申込内容の確認
    2. 当社の業務運用上必要な範囲内で記名OKICAの利用等の確認
    3. 当社またはOKICA交通事業者から使用者に連絡する必要がある場合の連絡先の確認
  3. 前項の目的以外で、統計情報の基礎資料として利用する場合等、個人を特定できないように修正した上で使用または第三者提供する場合がある。
  4. 当社は、業務運営上必要な範囲内で、当社による適正な管理のもと、業務の一部を第三者へ委託する場合がある。
  5. 当社は、取得した個人情報を、第2項の範囲内でOKICA交通事業者からの照会に応じて、その事業者に知らせることがある。
  6. 記名OKICAの購入希望者または変更希望者が、前各項に同意しないときは、発売を行わない。

第8条(取扱箇所)
  1. OKICAの取扱箇所は、当社およびOKICA交通事業者とする。
  2. 前項に記載される箇所以外において取り扱う内容については別に定める。

第9条(制限または停止)
  1. 当社は以下の場合、OKICA交通事業者におけるOKICAの取扱いを制限または停止をすることがある。
    1. 不可抗力によりOKICAの取扱いが困難であると当社が認めた場合
    2. 当社システムの保守その他の運用上やむを得ない事情により当社およびOKICA交通事業者がOKICAの取扱いの中止を必要と判断した場合
  2. 前項に基づくサービスの制限または停止に対し、当社はその責めを負わない。
  3. 当社が第1項の措置をとった場合における使用者とOKICA交通事業者との関係は、各OKICA交通事業者が定める交通事業者規則等で定める。

第10条(OKICAの所有権)
  1. OKICAの所有権は、当社に帰属する。 ただしフィギュア付OKICAはその限りではない。
  2. OKICAが不要となったときまたは失効したときは、OKICAを当社へ返却しなければならない。

第11条(デポジット)
  1. 当社はOKICAを発売する際に、デポジットとしてOKICA 1枚につき500円を収受する。
  2. 使用者がOKICAを返却したときは、この規則上の「紛失再発行」または「払戻」に関する定めにより、当社はデポジットを返却する。
  3. デポジットは運賃に充当することはできない。
  4. 前各項にかかわらず、当社が特に認めた場合は、デポジット額を変更し、または収受しないOKICAを作成することがある。なお、デポジットを収受しないOKICAについてはデポジットを返却しない。

第12条(OKICAの失効)
  1. カードの発売、交換、使用、チャージのいずれかの取扱いを行った日の翌日を起算日として、10年間これらの取扱いが行われない場合は、OKICAは失効する。
  2. 前項にかかわらず、遺失物法の適用を受け、公告期間を経過した記名OKICAは失効する。
  3. 前各項により失効した場合、使用者は、デポジットおよびOKICAに記録されている一切の金銭的価値等の返却を請求することはできない。

第2章  発    売

第13条(発売額)
  1. OKICAカードの発売額は1,000円単位とし、10,000円を超えることはできない。ただし、デポジット500円を含む。 なお、フィギュア付OKICAについては、デポジットを含まない。
  2. 前項にかかわらず、当社およびOKICA交通事業者は、発売額を変更して発売することができる。

第14条(OKICAの発売)
  1. 無記名OKICAの購入希望者が購入を請求したときは、無記名OKICAを発売する。
  2. 記名OKICAの購入希望者が購入申込時に氏名、生年月日、性別を記入または入力して提出したときは、記名OKICAを発売する。
  3. 学生用OKICAの購入希望者が購入申込時に氏名、生年月日、性別を記入または入力して提出し、かつ別に定める公的証明書等を呈示したときは、毎年度の4月30日を有効期限とする学生用OKICAを発売する。
  4. 小児用OKICAの購入希望者が購入申込書に氏名、生年月日、性別、保護者の電話番号を記入または入力して提出し、かつ別に定める公的証明書等を呈示したときは、当該小児が満12歳となる年度の3月31日を有効期限とする小児用のOKICAを発売する。
  5.  障がい者用OKICA購入希望者が購入申込書に氏名、生年月日、性別、電話番号を記入または入力して提出し、かつ別に定める公的証明書等を呈示したときは、各購入希望者の次回の誕生日までを有効期限とする各種OKICAを発売する。なお、初回に限り次々回の誕生日までを有効期限とする障がい者用OKICAを発売する。
  6. 前第3項の有効期限の延長を希望する場合は、交通事業者規則等が定める更新期間において、別に定める公的証明書等を呈示することにより、有効期限を延長することができる。
  7. 前第4項の有効期限の延長を希望する場合は、誕生日の1ヶ月前から公的証明書等を呈示することにより、有効期限を延長することができる。
  8. 免許返納OKICAの購入希望者が購入申込書に氏名、生年月日、性別を記入し提出し、かつ運転経歴書を呈示したときは、購入希望者の次回の誕生日までを有効期限とする免許返納OKICAを発売する。なお初回に限り次々回の誕生日までを有効期限とする免許返納OKICAを発売する。ただし、発売可能年齢は、各OKICA交通事業者の定めによる。
  9. 当社が特に認める場合を除き、同一使用者に対し2枚以上の記名または各種OKICAの発売を行わない。
  10. 当社が認めた各OKICA交通事業者が発行する券種の取扱いについては、各OKICA交通事業者の定めるところによる。

第15条(チャージ)
  1. OKICAは、所定の機器によってチャージすることができる。
  2. OKICAは、当社が特に認めた場合を除き、1回のチャージ金額は、1,000円単位、10,000円を上限とする。ただし、 1枚当たりのSFの残額は30,000円を超えることはできない。
  3. 前各項にかかわらず別のICカードのSFによるチャージはできない。

第16条(SF残額および履歴の確認)
  1. OKICAのSF残額は、所定の機器により確認することができる。
  2. OKICAのSF残額履歴の表示または印字は、所定の機器により最新のSF残額履歴を確認することができる。確認手数料は各OKICA交通事業者が定めるところによる。
  3. 前項にかかわらず、次の各号に掲げる場合は表示または印字によるSF残額履歴の確認を行うことはできない。
    1. 出場処理がされていないSF残額履歴
    2. 所定の機器による処理が完全に行われなかったときのSF残額履歴
    3. この規則上の「紛失再発行」または「障害再発行」に関する規定によりカードを再発行したときの再発行前のSF残額履歴
    4. この規則上の「カードの交換」に関する規定によりカードを交換したときの交換前のSF残額履歴

第3章  効    力

第17条(記名OKICAの再表示)
  1. 記名OKICAは、その券面に表示すべき事項(以下「券面表示事項」という。)が不明となったときは、使用することができない。
  2. 券面表示事項が不明となった記名OKICAは、速やかに当該カードを差し出して、券面表示事項の再表示を請求しなければならない。

第18条(個人情報変更によるOKICAの書替え)
  1. 氏名改変等により、使用者の個人情報と記名OKICAに記録された個人情報に相違が生じた場合は、当該記名OKICAは使用することができない。
  2. 前項の場合、使用者は速やかに当社が定める申込書を提出し、変更後の公的証明書等を呈示して個人情報変更の請求をしなければならない。

第19条(無効となる場合)
OKICAは、次の各号のいずれかに該当する場合は、無効として回収する。この場合、デポジットおよびOKICAに記録されている一切の金銭的価値および乗車券等は返却しない。
  1. 記名OKICAを記名人以外の者が使用した場合
  2. 券面表示事項が不明となった記名OKICAを使用した場合
  3. 使用資格、氏名、生年月日、性別、電話番号を偽って購入したOKICAを使用した場合
  4. 券面表示事項をぬり消しまたは改変して使用した場合
  5. 偽造、変造その他不正に作成されたOKICAまたはSFを使用した場合
  6. 使用者の故意または過失によりOKICAが障害状態となったと認められる場合
  7. この規則の条項に違反してOKICAを使用した場合
  8. その他、当社またはOKICA交通事業者を欺く等の不正行為と認められる場合

第4章  再 発 行 ・ 交  換

第20条(紛失再発行)
  1. 無記名OKICA及びフィギュア付OKICAの盗難または紛失等による再発行はできない。
  2. 記名OKICAの記名人が当該記名OKICAを紛失した場合で、別に定める申込書を提出したときは、次の各号の条件を満たす場合に限って紛失した記名OKICAの使用停止措置を行い、記名人に対し再発行するために必要な帳票(以下「再発行整理票」という。)を発行する。
    1. 再発行を請求する者が当社の定める申込書を提出し、公的証明書等の呈示をして当該記名OKICAの記名人本人であることを証明できること。
    2. 記名人の氏名、生年月日、性別の情報が当社システムに登録されていること。
  3. 前項により使用停止措置を行った当該記名OKICAは、次の各号の条件を満たす場合に限って、再発行整理票発行日の翌日から14日以内に当該記名OKICA裏面に刻印されたものと異なるカード番号の記名OKICAを再発行する。
    1. 再発行を請求する者が、公的証明書等の呈示により当該記名OKICAの記名人本人であることを証明できること。
    2. 再発行を請求する者が、前項により発行した再発行整理票を提出すること。
  4. 前項に規定した期間内に、再発行する記名OKICAの引き取りが行われない場合、当該請求に基づくOKICAの再発行は行わない。
  5. 第3項により再発行の取扱いを行う場合は、再発行する記名OKICA 1枚につき各OKICA交通事業者が定める紛失再発行手数料とデポジット500円を現金で収受する。このときSF残額は再発行するOKICAへ引継がれる。
  6. 当該記名OKICAの使用停止の申し出を受け付けた後、これを取り消すことはできない。
  7. 第2項により使用停止措置を行った記名OKICAは、再び使用することはできない。
  8. 第2項および第5項の取扱いを行った後に、紛失した記名OKICAが発見された場合は、使用者は、デポジットの返却を請求することができる。この場合、使用者が当該記名OKICAとともに当社が定める申込書を提出し、かつ公的証明書等の呈示により記名人本人であることを証明したときに限って、返却の取扱いを行う。
  9. 第12条「OKICAの失効」に関する規定により失効したOKICAの再発行は行わない。

第21条(障害再発行)
  1. OKICAの破損等によって所定の機器で使用できない場合で、当社が定める申込書を提出し、かつ当該OKICAを呈示したときは、再発行整理票を発行し、当該OKICAの使用停止措置を行う。この場合、使用停止措置を行った当該OKICAは、再び使用することはできない。
  2. 前項により使用停止措置を行ったOKICAは、次の各号の条件を満たす場合、再発行整理票発行日の翌日から14日以内に再発行を請求した場合に限って、当該OKICAの裏面に刻印されたものと異なるカード番号のOKICAを再発行する。
    1. 使用者が、前項により発行した再発行整理票を提出すること。
    2. 使用者が、当該OKICAを提出すること。
  3. 前項によりOKICAを再発行する場合において、破損等の原因が当社またはOKICA交通事業者の責に帰さないと認められる場合は、再発行するOKICA1枚につき各OKICA交通事業者が定める再発行手数料とデポジット500円を現金で収受する。このとき、SF残額は再発行するOKICAへ引継がれる。
  4. 前各項にかかわらず、OKICA裏面に刻印されたカードの番号が判読できない場合は、理由の如何を問わず再発行の取扱いを行わない。なお、 この場合、収受の有無にかかわらずデポジットを返却しない。
  5. OKICAの再発行の請求を受け付けた後、使用者はこれを取り消すことはできない。
  6. 第2項に規定した期間内に、再発行するOKICAの引き取りが行われない場合、当該請求に基づくOKICAの再発行は行わない。
  7. この規則上の「OKICAの失効」に関する規定により失効したOKICAは、再発行の請求はできない。
  8. フィギュア付OKICAについては、購入後に発生した障害を理由として再発行は行わない。

第22条(カードの交換)
当社またはOKICA交通事業者の都合により、使用者が使用しているOKICAを、当該OKICA表面とは異なるデザインのOKICA、および当該OKICA裏面に刻印されたものと異なるカード番号のOKICAに予告なく交換することがある。

第23条(免責事項)
  1. OKICAの再発行または交換により、表面のデザインおよび裏面に刻印されたものと異なるカード番号のOKICAを発行したことによる使用者の損害等については、当社およびOKICA交通事業者はその責めを負わない。
  2. 記名OKICAを紛失し、または盗難にあった場合等に、使用者が当該カードの紛失再発行の取扱いを行わなかった場合、および再発行整理票発行日における当該カードの解約やSFの使用等で生じた使用者の損害については、当社およびOKICA交通事業者はその責めを負わない。
  3. 当社およびOKICA交通事業者は、OKICA取扱時に当該OKICAを所持していた者を使用者とみなすことができる。

第5章  払戻

第24条(払戻)
  1. 使用者は、OKICA(「IC定期乗車券」及び「フィギュア付OKICA」を除く。)の返却を条件に、SF残額の払いもどしを請求することができる。この場合、使用者は、SF残額の有無に拘わらず、手数料としてOKICA 1枚につき各OKICA交通事業者が定める手数料を支払うものとする。
  2. 使用者は、当該カードに有効期間開始前または有効期間内の定期乗車券の情報を有している場合は、当該定期乗車券を発行したOKICA交通事業者の定めに従って当該定期乗車券の払い戻しを行う。
  3. 前2項の規定により払戻しが請求された場合、当社は、無記名OKICAにあっては持参人に払戻しを行い、記名OKICAにあっては、払戻しを請求する者が、当社が定める申込書を提出し、かつ、公的証明書等の呈示により当該記名人本人であることを証明したときに限って払戻しを行う。
  4. 前各項の規定により払戻しを行う場合、当社が当該OKICAのデポジットを収受している場合は、あわせてデポジットを返却する。
  5. OKICAの払戻しの請求を受け付けた後、使用者はこれを取り消すことはできない。

第6章  特 殊 取 扱 い

第25条(OKICAの種類変更)
  1. 使用者が無記名OKICAを差し出して、記名OKICAへの変更を申し出た場合は、この規則上の各種OKICAの発売に関する取扱いを準用しOKICAの変更を行う(フィギュア付OKICAを除く)。 なお、記名OKICAから無記名OKICAへの変更はできない。
  2. 交通事業者規則等が定める更新期間において、使用者が小児用OKICAまたは学生用OKICAを差し出して、大人用OKICAへの継続使用を申し出た場合、大人用OKICAに変更する。
  3. 交通事業者規則等が定める更新期間において、使用者が小児用OKICAを差し出して、学生用OKICAへの継続使用を申し出た場合、学生用OKICAに変更する。
  4. その他、当社が認めた各OKICA交通事業者が発行する券種の種類変更については、各OKICA交通事業者の定めるところによる。

附則  この規則は、平成26年10月17日から施行する。

附則  この規則は、平成27年04月27日から施行する。

附則  この規則は、平成28年 4月26日から施行する。

【別表】
第1号
OKICA交通事業者
・沖縄都市モノレール株式会社
・那覇バス株式会社
・株式会社琉球バス交通
・沖縄バス株式会社
・東陽バス株式会社